デスマフィンClass1とは何?炎上の理由を時系列で!レターパックで返品対応に批判殺到!

「デスマフィン」「Class1」「レターパック」などのワードがトレンド入りしていますが何事でしょうか?

例の糸引きマフィンが大炎上しているようで炎上の理由を時系列でわかりやすくまとめてみました。

目次

『デスマフィン Class1』とはマフィンで発生した食中毒

2023年11月11〜12日 東京ビッグサイトで開催されていた『デザインフェスタVol .58』で

Honey×Honey xoxo(ハニーハニーキス)が出展していました。

2日間でなんとマフィンを約3000個売りあげており、

東京都目黒区にある店舗も2017年オープンでそろそろ6年目を迎えようとしている

人気焼き菓子店です。

そのイベントで販売したマフィンから食中毒が発生してしまいました。

イベントに出店した東京・目黒区にある焼き菓子店「Honey×Honey xoxo」(ハニーハニーキス)が販売したマフィンは、購入者がSNSで腹痛など体調不良を訴えたほか、異臭や「具材が糸を引いている」などと指摘する声が相次いだ。同店は食中毒が発生したとして14日までにSNSなどで公表、謝罪していた。  

スポニチAnnex

人気なお店なだけにショックが大きかったですが、店主の方は迅速に謝罪し誠意ある対応をされています。

食中毒の被害を受けた方の一刻も早い回復をお祈り申しあげます。

【時系列】ハニーハニーキス炎上まとめ

イベントから4日後でもXのトレンド入りはこのマフィン食中毒の件に関するワードが並んでいます。

なぜこんなにも炎上してしまったのでしょうか?

時系列でわかりやすくご紹介いたします。

デザフェスVol.58にてマフィン販売

2023年11月11〜12日 デザインフェスタVol.58にてマフィンを約3000個販売

4つで¥1000で販売されておりますので×3000個。

単純計算でも¥750.000ほどの売り上げがあったようですね!

すごい人気ですね‼︎

画像を見てもずっしりとボリュームがありそうで、具材もごろごろ贅沢に使用されています。

とてもおいしそうで思わず購入したくなりますね!

購入者から衝撃的なマフィンの情報多数で炎上

上記のイベントでマフィンを購入した方たちから驚きの情報がSNSにて多く投稿され始めます。

・マフィンの中の栗が糸を引くほど腐っていた
・納豆みたいな匂いがする
・保存料不使用
・製造後5日経った商品も販売していた
・マジック手書きで消費期限が延長されていた
・カビだらけのトレイの上で販売されていたことも発覚
・十分に粗熱が取れていない状態で袋詰めされていた
・店主の服が汚れていて不衛生

*決してお店の誹謗中傷をしているのではなく事実をご報告させていただいていることをご了承ください*

次々に購入者から衝撃的な投稿が上がり炎上してしまいました。

食べた方は吐き気や腹痛などの体調不良を訴える人が続出

体調不良を訴える人も出てしまいお店も対応する事態となります。

店主から謝罪•迅速な対応

食中毒騒動中のハニーハニーキス公式Instagramを確認してみました。

11月14日に公式Instagramにて迅速に謝罪
返金処理で対応すると発表

同日11月14日 保健所に連絡
マフィンを全て1人で製造していたこと、5日前に焼いた商品も販売していたことを告白
改めて丁寧な謝罪

11月15日に保健所の立ち入り検査が入ることを報告
原因不明と報告
マフィン対象に返金対応すると発表
さらに丁寧な謝罪

ここまでで公式Instagramの更新は途絶えています。(11月16日現在)

店主オーナーは山崎視代佳さん。なんと2児のママなんだとか!

子育て家事と両立して1人で3000個ものマフィンを焼き上げていたとなるとすごいですね!

店主はこのように迅速に対応しており何度も丁寧な謝罪をされています。

返金対応など誠意ある対応もされていますね。

ハニーハニーキス店舗は目黒区

保健所の立ち入り検査結果はどうだったのでしょう。

店舗:東京都目黒区中根1丁目8−23

最寄駅は都立大学になるこちらのおしゃれな店舗に保健所の立ち入り検査が入りました。

保健所の立ち入り検査結果が危険度最悪のClass1で#デスマフィン

結果 危険度最悪レベルのClass1

保健所の立ち入り検査の結果、食中毒で最も危険なレベルのClass1となり、リコール対象となりました。

喫食により重篤な健康被害又は死亡の原因となり得る可能性が高い

恐ろしいですね…

この結果により#デスマフィンという言葉が生まれてしまったようです…

幸い被害者の中で亡くなられた方が今のところいないようなので不幸中の幸ですね。

腐ったマフィンをレターパックでの返品対応に批判殺到

マフィン購入者に向けて自己回収の発表がされました。

11月16日 マフィン返品はレターパックで店舗に返送を依頼・返金はPayPayも可能

この返品対応に批判が殺到してしまします。

返品方法の提示が次々に変更
レターパック→レターパックプラス→ゆうパケットプラス

店主からのハニーハニーキス公式Xで返品方法を提示されたのですが、

度重なる批判殺到に対応してか次々と配送方法が変わってしまい購入者の困惑が高まってしまいました。

ゆうパケットプラスに関してはフリマアプリ等でしか使えない発送方法ですしね…

購入者が困惑してしまうのもわかりますし

おそらく店主の方が一番困惑されていることでしょう。

誠意を込めてなるべく迅速な対応を心掛けた結果このような事態になってしまっているのではないでしょうか?

店主の方も反省はしてほしいですが大変な思いをされていることでしょう。

ハニーハニーキス店主は誠意ある対応

今回、食中毒が起きてしまったハニーハニーキスのマフィン…

とはいえ、ハニーハニーキスは目黒区に店舗がオープンしてもうすぐ6年になります。

これまでもイベントに出展販売も積極的にされていたようです。

過去に食中毒起きた事例は全くありませんでした。

むしろ、お一人で6年弱営業されていたのもすごいことですよね!

コロナ禍の営業も乗り越えてこられてことからもお店の人気は確かであることがわかります!

口コミを調査するとかなり良い評価も多かったです。

自然派思考の美味しいマフィン屋さんとして人気店だっただけに

今回の食中毒はショックが大きくなってしまいました。

しかしながら店主の山崎視代佳さんは迅速に誠意ある対応をされています。

今後もお店の再開を期待しております。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハニーハニーキスのマフィン食中毒の炎上を時系列でご紹介いたしました。

食中毒発生で炎上してしまいましたが、店主の方は誠意ある対応をされています。

なるべく早く問題が収束することを願っています。

体調を崩された方も一刻も早く回復されますように。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気になることいろいろの
モヤモヤをスッキリに。
みなさんに少しでも良い情報を
お届け出来るよう頑張ります!

目次