【映画化決定】アマゾン密林で子供4人どうやって生き延びた?!1歳児も助かった方法とは?

アマゾン密林で40日間も救助を待ちながら生き延びたのは13歳•9歳•4歳•1歳の兄妹‼︎

父親曰く13歳の長女には生き抜く術を教えてあったので、希望を捨てずに再会を待てたのだとか!

驚くべきサバイバル能力を持っていた幼い4人の子供の救出劇は映画化してもおかしくないレベル!

1歳児も助かったアマゾン密林の中で生き延びる方法とは?!

目次

【映画化決定】アマゾン密林で子供4人どうやって生き延びた?!

Yahoo!ニュースより引用

世界中を仰天させるビッグニュースが報道されました!

【サンティアゴ共同】コロンビア南部のアマゾンのジャングルで5月1日に小型飛行機の墜落事故があり、乗っていた子ども4人が行方不明になっていたが、軍が9日、約40日ぶりに発見、ツイッターに写真を投稿した。同国メディアによると、子どもは13歳、9歳、4歳、1歳のきょうだい。脱水症状や虫に刺された症状があるという。

KYODO

なんて奇跡的なニュースなのでしょう!

ジャングルに13歳•9歳•4歳•1歳のたった4人で40日間もどんな方法で生き延びることができたのでしょうか?!

本当に…【映画化決定】するべき!と思えるほどのお話ですよね!

(*現時点では映画化決定の情報はありませんでした。是非とも映画化してほしいです!)

ちなみに。墜落した小型機には操縦士、母親(33)ら3人の大人も同情していたそうです。

すでに大人3人の死亡は発見されていたのですが子供達4人の行方は40日間わからなかったのですね。

子供4人は、母親から離れ自ら生きるべくアマゾンの中で必死に行動していたのでしょう。

子供達4人とも脱水症状と虫刺され の状態

脱水症状や栄養状態はとても心配ですが、みんなある程度の元気はあるようで…本当に奇跡的ですね!

ただでさえ小型機で墜落しているのに…大きなケガなどなくて本当に本当に良かったです。

お母さんを含め、大人3人が犠牲になってしまったのはとても悲しいですが…

おそらく4人を守ってくれたのでしょうね。

【映画化決定】アマゾン密林で捜査員に怯え隠れていた‼︎

新しい情報が入ってきました!

4人の子供たちがどうして40日間も多数の捜査員が捜索しても見つからなかったのか明らかになってきました。

長女「見つかるのが怖くて隠れていた」

との発言をしているようです。

というのも、子供たちの生い立ちに深く関係していました。

子供たちの父は先住民『ウイトト族』のリーダー的存在
反政府組織から命を狙われていた
50年以上続いている政府と反政府組織による戦闘
母親の最後の言葉「ここから離れなさい」

胸が痛くなります…小さな4人は生まれた時から悲惨な状況の中、常に何かに怯えながら生きてきたのでした。

そして、父親が家族を守るために安全な地に妻と子供たちを避難させようと小型機に乗せて起きてしまった事故。

13歳の長女は、母親の最後の言葉を胸に幼い3人の弟妹を抱えどこに逃げたらいいのかわからなかったと言ったそうです。

さらに捜査員がかなり接近した時には、弟が声を出さないよう口を押さえていたそうです。

発見時は40日経っていて空腹のあまり逃げることができず発見に繋がったのだとか。

4人がどんな思いをして40日間耐え抜いたのか…事故や母親の死に直面しショックが大きすぎる上に

これまでの生い立ちから捜査員だとしても大人は全員怖い存在だったのですね。

戦争を経験していなければもっともっと早く発見できたはずなのに。

戦争や先住民の問題の中で育った背景も含め、映画化などで世界に伝えてほしいものです。

【映画化決定】アマゾン密林で1歳児も助かった理由とは?!

40日間も13歳•9歳•4歳•1歳の幼い子供たちが道具も何も持たずにどうやって生き延びることができたのでしょうか?

ニュースによるとお父さんのコメントに気になる点が!

【父親】
「13歳の長女が事故後に密林の中で生きるすべを身につけているはずだとして希望を失っていなかった。」

お父さんの言葉…すごいですよね!

子供達を信じる力も素晴らしいですし、幼い頃から密林の中で生きる術を教えていたという教育方法も気になります!

現在の情報によると…

・子供たちが休憩していたと思われるスペースが見つかった
・子供たちが食べたと思われる食べかけの果物が見つかった

との報道がありましたので、スペース作りや食べられるモノ/食べてはいけないモノの判断ができるよう教えていたのかもしれませんね!

「子ども4人と母親らは先住民。左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)の残党から脅迫を受けて居住地を離れていた父親と合流するために小型機で移動中、事故に巻き込まれた。」背景辛すぎるだろ・・

Twitter

辛い状況からお父さんに合流しようと移動していた最中に起きた事故。

目の前でお母さんの死に遭遇

過酷な状況でも4人で諦めずに生き延びた結果…

お父さんと再会できたのですね‼︎

本当にもう感無量です…天国のお母さんもきっと喜んでくれていますね。

とはいえ、今回4人を率いた長女は13歳。末っ子はわずか1歳!

兄妹の絆と体力、精神力に感動させられます!

やはり、映画化期待したいですね!

世間の反応

子供達4人が無事に発見されたことに対しての世間の反応を調査しまとめてみました。

1歳もいたの!?子供4人だけで40日!? き・・・奇跡すぎる 無事に保護されてよかったね・・・ 壮絶な40日だったよね。。。怖かったよね。。。

Twitter

13 歳のお姉ちゃんはサバイバル能力を備えているとの(父親談)記事を前に見ていましたが、 自身だけではなく 1歳〜の兄弟3人もの命をも守り抜いて無事に生還するとは…本当にすごい事

Twitter

すごい。子供たちみんな痩せてるけど、命あってよかった。 この子たちは先住民で元々ジャングルで生きるスキルを持っていたとのこと。同い年の日本の子供と知っていること知らないこと全然違うんだろうな…

Twitter

これはすごい

事故のショックもあっただろうに40日も…頑張っている子供たちを想像しただけで泣ける…

1歳と4歳もいて13歳のお姉ちゃんほんと頑張ったね

アマゾンってやばい植物も動物もいっぱいだよね…あたしにゃ絶対無理だよ

これからの子供たちの幸福を祈ります

Twitter

本当にすごいとしか言えないですよね!

我が子たち…いやむしろ自分でもアマゾン密林に何もなく取り残されたら3日ももたないだろうなぁ

お父さんが教えていたサバイバルの術を、全世界にドキュメンタリー映画とかで教えてほしいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アマゾン密林/ジャングルに取り残された4人の子供たちがどうやって生き延びたのか?!

まだまだ謎は多いので情報が入り次第更新してまいります!

とにかくこの子達4人とお父さんの幸福を祈ります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

気になることいろいろの
モヤモヤをスッキリに。
みなさんに少しでも良い情報を
お届け出来るよう頑張ります!

目次